プロフェッショナルへの道

健やかな美しさを引き出す美容鍼灸。最高の技術とホスピタリティを求めて

山口 紗也加 さん
山口 紗也加 さん

CALISTA(カリスタ株式会社) 勤務

鍼灸学科 2014年卒業

  • はり師・きゅう師
埼玉県 大妻嵐山高等学校 出身

将来の方向性を定めた鍼灸との出会い。その可能性に魅了されています。

鍼灸との出会いは、バスケットボール部のマネージャーをしていた高校時代。大学で鍼灸を学ぶなかで、女性特有の疾患や美容への効果に興味を持つように。 将来は、同じ女性のために自分にしかできないことを仕事にしたいと思い、美容鍼灸の道を目指しました。鍼灸師として施術にあたる今も、さまざまな症状に直接働きかけることの できる鍼灸の可能性はとても素晴らしいものだと感じています。

目標は、女性の美と健康をトータルサポートできる鍼灸師

勤務先は女性限定のサロン。ここ1年の間に、ご指名のお客さまも増え、後輩育成にも携わるようになりました。社内外の勉強会に参加し、鍼灸師としての研鑽を積んでいます。 また、お客さまの生活に一歩踏み込んだアドバイスができるよう、セルフケアの方法や漢方、食事、アロマなども勉強中。女性の人生をサポートできる鍼灸師を目指し、これからも努力を重ねたいと考えています。

大切な人を目指すゴールに送り届ける。やりがいの大きな仕事です。

樋口 健太 さん
樋口 健太 さん

京葉治療院 勤務

鍼灸学科 2014年卒業

  • はり師・きゅう師
千葉県立小金高等学校 出身

初めて出会った鍼灸師は花田学園出身の先生。治療家を目指して打ち込んだ授業

鍼灸師を志すようになったのは、中学生の頃、母親が鍼灸の出張治療を受けていたことがきっかけ。自身も部活中のケガを 診ていただき、鍼の効果を感じていました。その先生が花田学園出身だったことから東京有明医療大学に入学。在学中は 実際の治療現場で学ぶ機会も多く、国家資格のためだけでなく、治療家にふさわしい知識と技術を意識しながら、一つひとつ の授業に熱意を持って取り組むことができました。

治療に欠かせない、こころとからだを「診る」技術と「伝える」技術

大学卒業後は、出張鍼灸・リハビリを専門とする治療院に就職。ご自宅で施術することは、患者さんの世界に足を踏み入れるということ。 身体を診ることはもちろん、日常生活や人生の歩みから「患者さん自身が前向きになる治療」を考えることが大切だと感じています。患者 さんには医学的な説明を望む方もいれば、わかりやすさを求める方も。カンファレンスや勉強会で技術を磨く日々が続いています。

3つの魅力と未来

  • 鍼灸学科
  • 鍼灸の歴史
  • 柔道整復の世界
  • 看護の世界