プロフェッショナルへの道

患者さんや選手の回復を身近に感じられる柔道整復師の仕事

原田 聖也 さん
原田 聖也 さん

千葉接骨院 勤務

柔道整復学科 2014年卒業

  • 柔道整復師
宮崎県立延岡高等学校 出身

同じ目標を持った仲間や先生に支えられ医療の勉強に打ち込んだ4年間

小学校から高校まで野球一筋。高校生のとき、TV番組でアスレティックトレーナーの存在を知り、「スポーツを医療の力でサポートしたい」と思ったことが大学入学のきっかけです。基礎的な医学知識から柔道整復の治療技術、国家試験対策まで、入学前の想像以上に勉強量は相当なものでした。しかし、大変だったからこそ医療の厳しさを学び、本気で医療の勉強に向き合うことができました。

接骨院の治療からスポーツトレーナー活動までの幅広い仕事

問診からリハビリ、生活指導まで患者さんと広く深く関わる日々を送っています。より良い治療のためには、患者さん自身がケガを理解することは大切。患者さんへの接し方や言葉遣いに気を配り、「本当に訴えていることは何か」を意識した治療を心がけています。柔道整復師として「常にケガのリスクを想定し、管理する」という先生方からの教えは、今も治療の大きな指針です。

身体のこと、トレーニングのこと。目標は、幅広い知識を持つ治療科

水谷 真梨 さん
水谷 真梨 さん

エコルスタ整骨院 勤務

柔道整復学科 2015年卒業

  • 柔道整復師
神奈川県 川崎市立橘高等学校 出身

憧れの柔道整復師を目指して経験豊かな先生方に導かれた4年間

高校時代に通院していた接骨院の柔道整復師の先生にあこがれ、個の道を目指しました。在学中は、少人数制の授業で経験豊富な先生方から手厚い指導を受け、先生方それぞれの技術や考え方を学ぶことができました。最も力を入れていたのは4年間の集大成である、卒業研究。卒業論文の作成から発表、そして学会発表にも参加したことで、人前で自分の考えを話すことに自信を持てるようになりました。

「誰かのために頑張れる」そんな治療家が増えることを願っています。

いろいろな治療現場を見学するなかで「幅広い層の患者さんのサポートがしたい」と、地域密着型の接骨院を志望。現在は整骨院の柔道整復師として、痛みを取り除くだけではなく、その症状を引き起こす根本的な原因にアプローチできる治療を心がけています。在学中は、専攻の柔道整復に加えアスレティックトレーナーコースを履修。たくさんの人の身体に触れた経験が今の仕事にとても活きています。

大きなやりがいは患者さんの社会復帰と笑顔

中川 翔太 さん
中川 翔太 さん

根本接骨院 勤務

柔道整復学科 2013年卒業

  • 柔道整復師
  • (公財)日本体育協会公認アスレティックトレーナー
茨城県 常磐大学高等学校 出身

臨床経験の豊富な先生方による実践的な授業が活かされています

大学時代の恩師である根本先生の接骨院で、骨折や脱臼、捻挫、打撲などの治療にあたっています。それぞれの症状に合わせた効果的な治療を考え、患者さんの笑顔を見られたときにやりがいを感じます。在学中は、多くの臨床経験を持つ東京有明医療大学の先生方から、授業内容だけでなく現場で役立つ治療やコミュニケーションの方法を教わりました。さらに開業時のビジョンまで想い描けるまでに成長しました。

父親の背中を見て選んだ道。信頼される柔道整復師を目指したい

高校3年のとき、接骨院を開業していた父親と患者さんのやりとりを見て、将来は自分もこんな仕事がしたいと東京有明医療大学に入学。勉強すればするほど知りたいことが増え、より多くの医療本を読むようになりました。現在も、地域の方に信頼される柔道整復師、そして子どもや選手にケガなく楽しくスポーツを楽しんでもらえるようなアスレティックトレーナーを目標に、日々努力を重ねています。

3つの魅力と未来

  • 柔道整復学科
  • 柔道整復の歴史
  • 看護の世界
  • 鍼灸の世界