適正な研究活動

適正な研究活動に向けて

公正な研究活動を推進するため、不正行為を防止する環境整備が求められております。 本学でも、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)の要請を受け、適正な研究活動の実施に向けて研究者倫理の向上を図って参ります。

1.本学の適正な研究活動と不正行為への対応等の関係規程

《参考》「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)

2.研究活動の不正防止のための体制

下記の各責任者の指示のもと、適正な研究活動に向けて取り組みます。

(1) 統括責任者=学長

学長は、研究倫理の向上及び不正行為の防止等に関し、大学全体を統括する権限と責任を有する者として、公正な研究活動を推進するために適切な措置を講ずる。

(2) 研究倫理教育責任者=副学長

研究者等を対象に研究倫理教育を実施し、研究者等の研究倫理教育の受講状況を管理監督する役割を担う。その補佐のため、必要に応じて研究倫理教育副責任者を設置することもある。

3.告発・相談の窓口

学校法人花田学園 法人本部 事務局 総務部
住所 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1
電話 03-3461-4787
FAX 03-3461-4733